Game Saved 海外のゲーム情報ブログ

海外のゲームニュース・インディーズゲームの情報をお届けします。

Game Savedをフォローして最新情報をゲット!

ゲーム互換機Retron5にライセンス違反の恐れ。非商用のエミュレータソフトRetroArchを無断で使用した疑い。

f:id:gamesaved:20140929130131j:plain

 

最強の互換機と言われていたRetron5ですが、このRetron5に使われているエミュレータがRetroArchではないかと問題になっています。

RetroArchはオープンソースエミュレーターですが、非商用ライセンスのソフトウェアとなっています。

 

 

Libretroのブログでは、Retron5がRetroArchを利用している証拠を紹介し、非商用であるRetroArchを無断で利用したのはライセンス違反であると主張しています。

 

ライセンス違反となった部分はどの箇所でしょうか

メガドライブエミュレータGenesis Plus GXの無断利用

 このコアは、非商用ライセンスの下でライセンスされている。 したがってGenesis Plus GXを利用した商品を販売する事ができない。

 

SNES9x Nextの無断利用

RetroArchでは、SNES9x Nextを使用している。ベースとなるSNES9は非商用ライセンスのソフトウェアである。

 

FCEUmmの無断使用

FCEUmmはGPLv2の下でライセンスされている。GPLv2に沿ったライセンスであれば、大丈夫だったかもしれない。

しかし、フロントエンドの内側にGPLv3のコードを使用しているので、ライセンス違反となる。

 

VBA Nextの無断利用

 VBA NextはGPLv2のライセンスである。

こちらも、無断使用と思われる箇所がある。

 

その他にも、細かい部分で無断使用があるようです。

詳しい情報はソース元であるLibretroの記事を参照してください。

 

ソース:Libretro » RetroArch, Libretro core license violations by Hyperkin’s Retron5