読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Game Saved 海外のゲーム情報ブログ

海外のゲームニュース・インディーズゲームの情報をお届けします。

Game Savedをフォローして最新情報をゲット!

Defender's Questの開発者が語る「ローカライズと売上の関係」

Steam PC インディーズゲーム

f:id:gamesaved:20140819002337j:plain

 

英語のゲームをローカライズしたら、売り上げはどのくらい増えるのでしょうか。

 

PC向けに販売されているタワーディフェンスゲーム「Defender's Quest」の開発者が具体的なデータを公開しています。

 

売上について

Defender's Questは、これまで195000本を販売し、656000ドルの売上を記録しています。

 

Defender's Questは現在、英語・ドイツ語・チェコ語・ロシア語・韓国語・日本語の6つの言語で遊ぶことができます。

 

売上の割合。

f:id:gamesaved:20140818233728p:plain

2014年3月にPlayismから日本語版がリリースされ、日本からの売上の割合が増えていることがわかる。2014年6月にsteam版も日本語に対応した時も売上が増えた。

 

日本の場合、steam版が正式に日本語に対応するまでの間(約3か月)多くのユーザーがPlayism版のリソースをsteamに移植している事に気付いたと開発者は語っている。

 

有志の翻訳について

ロシア語については、正式にローカライズする前から有志の翻訳が存在していたそうです。

韓国語の場合、2014年2月に売上が急増しています。ベータテストに韓国語フォントのサポートを追加したため、有志による翻訳が行われたのではないかと推測されます。

 

日本からの売上について

日本語のサポートがされる前は、日本からの売上は全体の1.04%でした。

日本語のサポートがされた後は、日本からの売上は全体の5.69%(5.47倍!)でした。

 

「Defender's Quest」の開発者の結論

日本と韓国は、言語とフォントがサポートされた時の反応がとても敏感であると語っています。

 

これ以外にも、ローカライズに関する様々な事を語っています。ゲーム開発&翻訳に関わる人は是非下のリンクから全文を読んでみてください

ソース:Gamasutra: Lars Doucet's Blog - Was Localizing Defender's Quest Worth It?